<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
気になるゲンタロウ

毎日毎日ヒマすぎて、完全に朝と夜が逆転している。

普通に日勤で働いているのに、どうしたものか。

夜10時が一日のうち、一番元気である。

アフター5の非・充実具合を打開すべく、

大台に乗る前に、やりたいことリストでも作ろう。

遊んでくれる人を作ろう。

夜10時に集合できる人・・いないか・・・

なんて思っている時点で×である。

この間なんて休みの日にでかけようと道歩いていたら

近所のイタリアンのおじちゃんに

「これからお仕事ですか?」と声をかけられ、

「いえ、ちょっと・・」と答えたら

「余計なこと聞いちゃってごめんなさいね」

って謝られた。謝らないでー。

家と仕事の往復しかしてない謎の女ってバレている。

まあ、たしかに否定できないといえばできない。

いつも同じ電車になるおじちゃまに会釈された本日。

知らぬ間にお互い気になる存在になっている、

なんてこと、あったりするのだろうか。

おじちゃま、私はあなたとお話がしてみたい。

たった今、GENTARO.Hの存在も気になる。(↑)

たのしいことして、ゲラゲラ笑いたい。

今年もラストスパート4ヶ月、たのしもう!

0
    土用のジャンクの日

    普段食べないカップラーメンを買ってきて食べた日。

    たまに訪れるジャンク欲・・・

    この間実家に帰ったらうなぎがでてきた。

    明日もお互いハッピーでいよう。

    みんなハッピーであれ。

    0
      この実ナンの実

      相手の気持ちを

      分かろうとしない人になってはいけない。

      人がどうとかではなく、

      自分がそうならないようにね。

      帰りの電車の中で、

      小さい女の子に笑顔をもらった。

      かわいいね、ありがとね。

      0
        モツに馳せる想い

        1年の英語のクラスの、最後の飲み会の帰りに

        エレベーターでナンパした彼女と久々に会った。

        いつも間をとって新宿で会う。

        1年ぶり?って言ったら、

        去年の12月に会っていたようだ。

        「フジシロくんって覚えてる?」

        と聞かれ、全く思い出せなかった。

        「タモさんと胸板厚いカレしか覚えてないなぁ」

        要するに、面白くて目立っていた人と、

        かっこよくて目立っていた人の記憶しかない。

        そもそも半年前の記憶すら曖昧な私だ・・・

        彼女との合言葉は「そろそろグータンする?」で、

        昔はよくもつ鍋を食べに行っていた。

        今思うと、もつ鍋が流行っていた。

        ギャーギャーすることのない私たちは、

        モツをつまみながら、静かに近況報告をする。

        というより、彼女といる時の私は

        まるで別人のような私で、

        なぜだか言葉遣いが丁寧で、まあ、いい人、風。

        口が滑っても「マジで?」なんて言わない。

        偽善者〜って言葉が

        あちらこちらから飛んできそうだ。

        彼女が結婚してから昼にしか会わなくなったからか

        単純にもつ鍋ブームが廃れたからなのか、

        もつ鍋グータン会は自然消滅した。

        二人だけの会だけど。

        帰り道、蒸し暑い中、もつ鍋食べたいなァって思って

        より一層、冬の訪れが待ち遠しくなった。

        「結婚は、生活だから」って淡々と話す、

        普段は穏やかでほんわかしている彼女の

        しっかりとした、賢い女性としての一面。

        若い頃から彼女は落ち着いていたが、

        こうやって正真正銘大人になった友人を目の前に、

        いつまでも大人になりきれない私も

        大人って年なんだよなぁ、と実感する。

        いつでも私の「心のオアシス」だった

        やさしい彼女と、彼女にはやさしい私のひと時。

        これで二日くらいはキレイな心で過ごせるだろうか。

        また近々会おうね、と言って

        爽やかに、あたたかい笑顔を向けてくれた。

        ナンパした19歳のアタシよ、グッジョブ!

        0
          フラワー

          平和すぎる一日、今日も暑カッタ。

          今夜は、ラブラブあいしてるが16年振りに復活!

          全部だきしめて〜♪

          なつかしすぎる・・・

          最近、なぜかキンキづいている。

          そういえば、世代なんだった。

          この時代のことを思い返すと、

          ある友人のお母さんのことを思い出す。

          子供の頃は、よく家に泊まりに行き、

          お邪魔する度、美味しい手料理を作ってくれ、

          お弁当の日には、私の分も用意してくれたこともあった。

          お店で出るような、お重の豪華なお弁当。

          高校受験のために遠くまで通っていた塾の

          夜のイロトリドリのお弁当も忘れられない。

          家族ぐるみの付き合いで、沖縄に行ったりもした。

          昨年末、亡くなってしまった。

          体調を崩していたことは知っていたけど、

          5年、10年は生きられるよ、って話だった。

          人生まだまだこれから、って年齢で、

          あっという間に1年足らずで逝ってしまった。

          たまに元気にしてるかな、と思いながらも、

          10年ほど会うこともなかったおばちゃん。

          小柄だけど恰幅がよく、ワハハと豪快に笑う人で、

          会った人に笑顔をもたらす、気持ちのいい人だった。

          みんなが悲しみに暮れた昨年末の出来事だった。

          もう会えないと分かっていながらも、

          また美味しい手料理を食べたいなって思ってしまう。

          「さっちゃん、さっちゃん」って

          可愛がってもらったことが懐かしい。

          キンキを聴いたら、おばちゃんのことを思い出した。

          友人と二人、後ろのシートに座り、

          よくおばちゃんの運転する車に揺られていた。

          いろんな歌がその空間に流れ、

          キンキの歌も流れていた。

          人の心に、あたたかい記憶として残る人、

          美しく清らかに人生を生きていたんだと思う。

          連休明けの4日間、ありがとうございました。

          平和が一番、楽しいのが一番。

          こういう時間も当たり前じゃないのかもしれない。

          みんなが笑っていてくれれば、本当はそれでいい。

          平穏に、優しく。

          0
            ハートの森

            心がすさんでそうだから、

            自然いっぱいのところに行こう

            と言って、連れ出してくれた休日。

            ほとんどドライブ。

            「この人でいいのか」と悩む人と

            「この人を手放していいのか」と悩む人。

            理屈じゃなくてよくわかんないけど好き、とか

            離れたいでも離れられない、とか

            いつまでもそうやってドキドキしてたいけど

            そうも言ってられないことも分かっている。

            誰かの為に生きる人生があるってことも

            考えなきゃならないんだよね。

            後悔しない程度に

            いい具合にシアワセになろう、お互いに。

            消化して、浄化された一日。

            そろそろ返事しなきゃね、私も。

            0
              ありがとう、店主

              テレビをつけたら、駒込のラーメン屋さんの

              店主が深いい〜事を言っていた。

              「朝起きて、行きたくないと

                 思わない仕事に就くと良い」

              穏やかで平和で笑顔の絶えない一日の後に、

              自分の答えを見つけてしまうのだ。

              おめでたいながらも時にあがいてもがいて、

              やっぱりおめでたいんだわ、と思い直す。

              大事にします。

              本日もハッピーな一日、ありがとう。

              店主、ありがとう。

              おかげさまで、私は仕事に行くのが

              たのしみ側の人間です。

              0